ご挨拶

市川里美のご挨拶

「世界の旅から生まれた絵本~市川里美の世界~」

生まれ故郷大垣をあとにして、一人でヨーロッパに旅立ったのは21歳の時。それからパリに住んで長い歳月が流れてしまいました。パリの本屋で偶然であった美しい絵本に刺激され、美術を学んだこともないのに自分で絵本創作の仕事を始めて、これまで夢中で描いてきました。振り返ってみると絵本の数は80冊ほどになっていました。現在まで一度も断絶することなく長い期間この仕事を続けてこられたのも、出版社の理解、国内外の読者の方々、応援してくださる故郷の人たち、また人生の旅先で出会った人たちのおかげと、感謝の気持ちでいっぱいです。

いつのときも創作のテーマは、人生のその時々に出会った人びと、生活、自然、動物、花などと常に愛したものだったといえます。日常生活の中であったり、あるいは遠い国に旅しながらそこで思いがけない違った生活をする人びとに出会うとき、その違いゆえに、私を驚かせ、世界は限りなく広く、豊かなものであり、生きとし生きるものは愛しいものだと感じられるのです。そこでしばらく一緒に暮らした人びとのこと、また路上で出会って言葉をかわしただけの子供であっても、心に残ったことは絵本のなかに留めておきたいと思ったものです。

それゆえに、これまで創作してきた絵本は私の歩んできた人生の記録といえるかもしれません。これからも、日常生活の中で、あるいは遠い世界の国に旅しながら出会った愛する世界を絵本のなかに描き続けていきたいと願っています。

これらの絵本を一度整理したいとおもっていた矢先、大垣図書館のホームページのリニューアルの機会に快く承諾いただけ、図書司書さんや出版社の協力を得て、私のふる里の図書館でこのページを実現できたこと、たいへん幸せに思います。

2018年7月 市川里美

里美さんからのメッセージ

新作絵本『カイマンのダンス』に寄せて、次のメッセージをいただきました。

アマゾン川のほとりに住む人たちを訪ねて
ハンモック船に乗って

2019年の夏はアマゾン川を訪れた。ペルーのアマゾン地帯の主都イキトスあたりで、支流が合流しアマゾン川が生まれる。その後ブラジルを通り2700km先、大西洋に流れ出ていく。このイキトスへは、道路が無いため、飛行機か船しか行くすべがない。私は迷わずプカルパから6日間の貨物船の旅を選んだ。すべての生活用品は貨物船で運ばれる。船底はブルドーザーから洗濯機、トイレの紙、ビール、卵、生きた鶏まで、ありとあらゆる物がぎっしり積まれている。上の階も乗客でいっぱいだ。貨物船で旅するような地元のペルー人は気さくで親切、とても人情深い。みんなとひとつの大部屋にハンモックで寝て、まさに「同じ釜のメシを食い」、家族のように過ごした6日間は一生忘れることができない。

カイマンと出会う

イキトスに着いてからは、毎日、動物保護センターにスケッチに通った。人間が自然を破壊したために、数少なくなった動物たちがここに保護されている。いるいる! ヒョウ、魚、サル、ヘビ、鳥など。アマゾンに住むワニはカイマンと呼ばれることも、そこで初めて知った。赤ちゃんカイマンもたくさんいる。市場で売られているところを、おまわりさんに助けられてここに連れて来られたのだろうか。まだ小さいのに、恐ろしい目にあってかわいそう。でも、ここではもう心配は無用だ。背に太陽の陽を浴びてウトウトするもの、のん気そうにぽっかり水に浮かんでいるものなど。目がパッチリしてかわいい。カイマンなんて自然の中で出会うことなど、まずないにちがいない。ここでスケッチできるのは好都合と、せっせと毎日鉛筆を走らせる。

自然とともに暮らす人びと

さて、川やジャングルに住む人たちの生活も見たいと、またブラジル方面に向かう貨物船に乗りこんで途中下船、小さい部落まで行き、そこで暮らす家族に迎えられた。ふと、そこの台所をのぞくと、なんとまな板の上に小さいカイマンがのっている。「けさ、おとうさんがつかまえてきたの。今日の昼食よ」と言う。カイマンってここでは日常生活の中にいるものなんだ! 自然の中で暮らす人たちは、地球が始まって以来、自然が与えてくれるもので、すべてまかなって生きてきた。それで問題なく自然のバランスが保たれてきたのだ。ここらでは家族が生きていくために捕まえるくらいは許されているらしい。 アマゾンは暑く湿気が多い。だれもが毎日1、2回は川に水浴びにおりて行く。子どもたちは川辺に着くやいなや 、バシャーンと勢い良く水に飛びこんでいく。同じ川には、ヘビもカイマンも、そのほかたくさんの生きものが住んでいるというのに…。よそ者の私は、おそるおそる岸辺で水浴びをする。人間と動物たちがそれぞれに同じ川で共存するには、お互いの領域というものがあって、皆それを了解しているのだろう。動物たちはかしこく生きるすべを知っている。カイマンたちの世界にも、親から子に伝えられる知恵でもあるのだろうか? 危険をのがれるには、どうするの…? アマゾン川のほとりで過ごした日々を思い出しながら、いろいろ空想を重ねているうち『カイマンのダンス』の絵本ができた。

2021年6月 市川里美

2020年8月 キルギスの草原で
詳細を見る

市川里美の絵本

新刊 カイマンのダンス 
ーアマゾンのおはなしー

出版社:BL出版
出版日:2021年6月20日

ローザとかぞくは、アマゾン川のほとりにすんでいて、生きるためにひつようなものは、しぜんのなかからとってきてくらしているんだ。

詳細を見る

こうまのマハバット

出版社:BL出版
出版日:2020年7月1日

ジャミーラはキルギス村のおんなのこ。この夏はじめて、おじいちゃんとおばあちゃんのすむ山ですごすことになり、わくわくしています。

詳細を見る

メリークリスマス

1983年に富山房から出ていたものに加筆・訂正された楽しい絵本です。18か国(イギリス・アメリカ・ドイツ・オランダ・ポーランド・チェコ・スロバキア…

詳細を見る

ハナちゃんのトマト

市川さんの郷里が描かれた絵本です。 トマトの苗をおばあちゃんと一緒に育てるハナちゃん。台風がきてこわい思いをするハナちゃん。

詳細を見る

マンモスのみずあび

市川さんの絵本は、現地で御自分が体験された事がベースになっています。 主人公アプーズ少年は心をこめて一生懸命マンモスの世話ができるしっかりした子です。ところが、天候の変化であっという間に大雨となり川が氾濫。

詳細を見る

市川里美の年譜