ご挨拶

市川里美のご挨拶

「世界の旅から生まれた絵本~市川里美の世界~」

生まれ故郷大垣をあとにして、一人でヨーロッパに旅立ったのは21歳の時。それからパリに住んで長い歳月が流れてしまいました。パリの本屋で偶然であった美しい絵本に刺激され、美術を学んだこともないのに自分で絵本創作の仕事を始めて、これまで夢中で描いてきました。振り返ってみると絵本の数は80冊ほどになっていました。現在まで一度も断絶することなく長い期間この仕事を続けてこられたのも、出版社の理解、国内外の読者の方々、応援してくださる故郷の人たち、また人生の旅先で出会った人たちのおかげと、と感謝の気持ちでいっぱいです。

いつのときも創作のテーマは、人生のその時々に出会った人びと、生活、自然、動物、花などと常に愛したものだったといえます。日常生活の中であったり、あるいは遠い国に旅しながらそこで思いがけない違った生活をする人びとに出会うとき、その違いゆえに、私を驚かせ、世界は限りなく広く、豊かなものであり、生きとし生きるものは愛しいものだと感じられるのです。そこでしばらく一緒に暮らした人びとのこと、また路上で出会って言葉をかわしただけの子供であっても、心に残ったことは絵本のなかに留めて置きたいと思ったものです。

それゆえに、これまで創作してきた絵本は私の歩んできた人生の記録といえるかもしれません。これからも、日常生活の中で、あるいは遠い世界の国に旅しながら出会った愛する世界を絵本のなかに描き続けていきたいと願っています。

これらの絵本を一度整理したいとおもっていた矢先、大垣図書館のホームページのリニューアルの機会に快く承諾いただけ、図書司書さんや出版社の協力を得て、私のふる里の図書館でこのページを実現できたこと、たいへん幸せに思います。

市川里美の絵本

新刊 ぼくの島にようこそ

出版社:BL出版
出版日:2018年8月1日

マイマイは南たいへいようにうかぶ、ちいさい島にすんでいます。ここはいつもおひさまがかがやき、うみにはきれいなさかながいっぱいいます。

Read More

ハナちゃんのトマト

市川さんの郷里が描かれた絵本です。 トマトの苗をおばあちゃんと一緒に育てるハナちゃん。台風がきてこわい思いをするハナちゃん。

Read More

マンモスのみずあび

市川さんの絵本は、現地で御自分が体験された事がベースになっています。 主人公アプーズ少年は心をこめて一生懸命マンモスの世話ができるしっかりした子です。ところが、天候の変化であっという間に大雨となり川が氾濫。

Read More

ペンギンのパンゴー

子どもたちが大好きなペンギンのおはなしです。 ペンギンのぬいぐるみのパンゴーはダニーがだいすき。ダニーもパンゴーがだいすき。

Read More

市川里美の年譜